事故車の評価

事故を起こした車は車買取では大幅な減額査定となりますが、査定額については実際に査定を受けて見なければ分からない部分が多いため、まずは車買取店に足を運んで査定を受けることが大切です。年式が古く基本的な価値がほとんど残っていない車の場合は、修復歴の減額により査定額が付かないケースが出てきます。修復歴とは事故により基本骨格に損傷が及んだ車を言います。もちろん修復した場合でも修復歴に該当するため、事故を起こしてしまった車は正常な車査定は受けられないのです。修復歴は基本骨格に被害が及んだ場合を言いますので、軽い接触や擦った程度の傷であれば修復歴には当てはまりませんので、間違いのないように覚えておくことが大切です。実際には事故車かどうかは査定士が判断しますので売却者は特に何もする必要はありませんが、故意に修復歴を隠してしまうと後でトラブルに発展するケースが出てきます。査定時には事故の程度や修復箇所の状況を分かる範囲で自己申告することが大切です。正しい査定は良い悪いに関係なく行われますので、査定士の判断によって修復歴には該当しないケースも出てきます。修復歴と判断された場合には廃車買取り店を利用する必要があります。

Comments are closed.